« スタミナ納豆 | メイン | 今日のお笑い »

それぞれの困難

お盆はいかがお過ごしでしたか?
今年の夏はどこにも行かず、方々に出掛けるようになった娘を送り出したり、
ちょこちょこお仕事に行ったり、バレエの練習に行ったり、
夏らしい汗をたくさんかいています。

昨年秋からのWワークも、ようやくと慣れてきたかなと感じる日々です。
それぞれを客観的にみることができ、良い所が見つかるようになりました。

昨日の新聞のコラムの文章、女性の医師が書かれたものですが、
その方は医学部の教授という立場以外に様々な活動をされていて、
いろいろなことをしているというのは、世間では信用されないことが多いと語り、
『「この道一筋」のことをするのが、まっとうな医師なのかもしれない。
しかし私の場合、医師以外何もしなかったら行き詰まっていただろう』と書いています。

ー 様々な場で全く別の視点でものをみることは医師としての視点でものをみて考えることだけで固定しがちの心を柔軟にしてくれるからだ。
それぞれの場で別の困難とストレスがあるもので「あっ、どれもみな大変で、みんないろいろ苦労しているんだな」と思える心のゆとりができると自分だけが、この仕事だけが大変だなどと言えなくなってくる。 ー

企業に勤めるだけでは分からなかった子育て、年老いてくる親の心配事、
額に汗する仕事、いくつかの趣味の時間、
どれも他所から観てるだけでは気づかなかった困難に出会い、その分が糧になって自身の喜びになったり、
他者の苦労を思う気持ちや、感謝の気持ちを持てたりしているんだなあと感じます。

コラムの中では、過労死の原因は単に過労や過度の長時間労働によるものではなく、
他のことは切り捨てて何もせずにひとつの仕事だけに投入していることも一因ではないかという研究があると書かれています。

逆に長続きしないと飽きっぽいとか、三日坊主とか、
ひとつのことを続けないと良く言われないのも確かですが、
やってみることに悪いことは何もないと思うのです。

通勤ラッシュがまたやってきますね。
電車に乗り合わせる人、みんな頑張っている人ばかりですね。
今日も素晴らしい一日になりますように!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/5390

コメントを投稿

About

2014年8月18日 08:24に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「スタミナ納豆」です。

次の投稿は「今日のお笑い」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。