« 100年の歴史 | メイン | 安穏芋のスープ »

今年の出会い

今年の2月に新宿区中井での「染の小道」のイベントで、
路上の小さなテーブルの上に並べて売られていた陶器、この青に惹かれました。
supesara2.jpgスペインで陶芸の勉強をして数年前に帰国したという作り手の女性と少し話をしました。
このお皿の他は優しい色の使いやすく軽めの陶器が並んでいました。
それらは日本に戻って焼いたものだそうで、
この青の1枚だけ釉薬(ゆうやく)がスペインのものなのだそうです。
supesara4.jpg

裏側、この力強い曲線。

supesara3.jpgこの色。

今年買ったもので、一番の出会いものでした。
お皿は使わないとと思って、何の料理を乗せようかと長い間温めました。
青に合う料理は難しいです。
手作りのがんもどき、海に浮かぶ小島のようです。
supesara1.jpg来年もイベントで彼女に会う事ができるか?わかりませんが、
この皿を見るたびに応援したい気持ちがしています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/5466

コメントを投稿

About

2014年12月20日 17:28に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「100年の歴史」です。

次の投稿は「安穏芋のスープ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。