« まるごと使って | メイン | 味覚で感じる春 »

2015年 1月に読んだ本

「掃除道」  鍵山三郎
「自分の始末」  曽野綾子
「アンテナ」  田口ランディ
「介護の生理学 自立支援介護の実践のために知っておきたい理論と技術」  竹内孝仁
「よるのふくらみ」窪美澄
「コンセント」  田口ランディ
「母から娘に伝える暮らしの流儀」  有元葉子
「岡本太郎の仕事論」  平野暁臣
「いい顔してる人」  荒木経惟

岡本太郎の仕事論、とても良かったです。
大阪万博は小学校1年生の時に行きました。
見上げた太陽の塔、迫力がありました。あのドキドキとした夏は忘れられません。

渋谷駅、有楽町の公園、そして青山のこどもの城(閉館し、どうなるのでしょう?)、
誰もがそこに行けば見られるパブリックアートを多く作られた理由が、
この本を読んでよくわかりました。

今日は節分なので、
ehoumaki2015.jpg太巻きを作ってみました。
マメまきの日に、マメに夕食作りも掃除もしてみました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/5476

コメントを投稿

About

2015年2月 3日 20:29に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「まるごと使って」です。

次の投稿は「味覚で感じる春」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。