« ポテトクリームコロッケ | メイン | 24時間と2時間 »

梅の実とり

今日は職場の梅の木になった梅の実を脚立にのぼって収穫しました。

青い梅の実は生き生きと弾力があって、ポンポンと弾むようでした。
冬の間の枯れ枝から蕾が膨らみ、花が咲いて実が大きくなる様子を日々見上げていたので、
こうして収穫できるのはとても楽しいことでした。

実家にも梅の木があって母は梅干しや梅酒を作っていたのに、
梅仕事を手伝った記憶があまりなかったことに気がつきました。
それでも毎年梅干しを食べていたのは、母が実の出来栄えを見上げたり、
虫の駆除をしたり、収穫していたのだなあとしみじみ今思っています。
家族が美味しいと食べてくれるようにと思っていたのでしょう。
後になってわかる大切なこと・・・、あるものですね。

今日は母の命日、もう5年になります。

実をとっている時は一生懸命で、
実家の梅の木の記憶や収穫の感謝も考えつきませんでした。
いつも後から気づくばかり、まだまだです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/5525

コメントを投稿

About

2015年5月24日 22:14に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ポテトクリームコロッケ」です。

次の投稿は「24時間と2時間」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。