« ずっと変わらず | メイン | みかんジャム »

篠田桃紅さん

NHK Eテレ「スイッチインタビュー 日野原重明氏との対談」から

迷いの形が文化なの
人間の迷いの形が文化ですね。
私、文化というのは全部迷いだと、この歳になって思いますね。
だって私毎日絵を描いていますけど、一筆いつでも迷っているんですね。
こうと決まっているわけじゃないです。
迷いですよ。一生。
迷路。迷路に入っている。人間は死ぬまで。
ー先生は哲学者みたいですね。ー
ただもう慣れてきたから、
ーもう慣れてきて、繰り返してきたから?ー
私はもう「迷い」と「自ずとなんとかなっていくだろう」楽天的な考え方と、
いつもやりあっているなと感じているんです。

sinodasann.jpg著書「百歳の力」 集英社新書より
自由な視点を持ち続ける
 独創性を得るためには、考え方や生き方を自由にして、なにかの枠の中におさめないことが大切です。世の中のことというのは、どのようにしても考えられるんですよ。どのように考えてもいいどころじゃない。どのようにでも考えなくてはいけない。それが鍵です。
 人はなにかにとらわれていて、その視野の中だけでやるから、新しいものが生まれてこないんです。視野の中だけでやっているのは、詩でも芸術でもないです。詩とか芸術というもは範囲が無限だから表現できるんです。ーーー
ーーー基本的には自由な気持ちで、さまざまなものと接する。なにかにとらわれていると、いいものまで見えなくなってしまう。それだけですよ。自由な視点を持っている、つねに持ち続ける、ということです。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/5611

コメントを投稿

About

2016年2月 6日 21:11に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ずっと変わらず」です。

次の投稿は「みかんジャム」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。