« moon? | メイン | 2016年 7月に読んだ本 »

美しいと思う

chagama.jpg

ただ棚に置いただけで凛として、
目にするたびに美しいと思う、その形
鶴首の茶釜

茶道の先生をしていた叔母から、
使っていたお道具を職場に寄付してもらうことになりました。
その中のひとつ、鶴首の茶釜。
家に持ち帰って中のサビを手入れしています。
煎茶を使うことでサビが黒くなり、昔のお歯黒と同じ変化を起こすと知りました。
いろいろなお道具が美しく、知らなかったことを知る喜びがあります。

電気もガスも水道もなかった時代、
水を汲み、炭をおこし、湯を沸かし、
石臼で挽いた抹茶をたてて客人をもてなす。
しばし、想像してしまいます。

茶釜で沸かしたお湯は全然違うと皆さんおっしゃいます。
どんな味でどんな違いがあるのでしょう。
せっかくの機会なので、試させて欲しいと思っています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/5672

コメントを投稿

About

2016年7月29日 18:38に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「moon?」です。

次の投稿は「2016年 7月に読んだ本」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。