« 朝のお白湯 | メイン | singer and stokke »

ボウルじゃなくて

sarada-mori.jpgサラダを深いボウルで出す理由は、
ボウルの中でドレッシングと混ぜるためでしょうか?
確かにフレッシュな野菜にEXバージンのオリーブオイルをまわしかけ、
上手にトスするだけで感動するほど美味しいサラダというものを何度か外でご馳走になったことがあります。
なかなか家族が揃わなくなった今、作り置きでも美味しいサラダについて考えていました。

ボウルじゃなくてプレートに薄く盛り付ければ、重みで野菜がつぶれることもなく、
ドレッシングをかけなくても味の付いた具材と合わせることでフレッシュさが長続きしますし、取り分けやすいです。

ベビーホタテのひもと身を分けて、バターと少量の醤油で味付けしたものと、
塩昆布をレタス、キュウリの上に乗せました。
取り分けてから好みでオリーブオイルをかけ、合わせて食べるとなかなかいい具合です。

普段の食器も使い方を変えてみると、意外な発見があるものですね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/5677

コメントを投稿

About

2016年8月18日 20:57に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「朝のお白湯」です。

次の投稿は「singer and stokke」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。