« 2016年 9月に読んだ本 | メイン | さすがです! »

セルフ・ディベートの結果

過去のブログを見ると2005年に買った掃除機が壊れました。
当時結構なお値段だった出始めのサイクロン、
壊れたら直してまだ何年も使う気満々でいました。

電気屋さんに持って行きましたが、「決められた部品の保有期間は6年」なのだそうで、
もう直せないそうです。
最新のサイクロン型を勧められ、確かに動かしてみると随分楽です。
でも11年サイクロンを使っていて、良さも不便さも感じていました。

今度買う掃除機をサイクロンにするか?紙パックに戻るか?はたまたスタンド型か?
どちらにもメリットとデメリットがあります。
使うのは家族の誰でもない私です(笑)
自分で考え、自分で決めようではありませんか!

論題は「掃除機はサイクロンを買うべきか、否か」、賛成、反対考えて、
soujiki2016.jpgベストの答えは紙パックです。

東芝の紙パックだけは入口部分にゴムがついていて紙パックから埃が漏れることがありません。
紙パック掃除機も進化していました。

soujiki20162.jpgここしばらくでオーブントースター、電話、掃除機と壊れました。
なんてことでしょう!
周りの意見に流されず、深く考えるいい練習になりました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/5688

コメントを投稿

About

2016年10月 6日 20:42に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「2016年 9月に読んだ本」です。

次の投稿は「さすがです!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。