« 上白糖とてんさい糖で | メイン | ピーマンの味噌汁 »

2017年 1月に読んだ本

「語りかける花」  志村ふくみ
「田園発港行き自転車 上」  宮本輝
「薄っぺらいのに自信満々な人」  榎本博明

先日Eテレのスイッチインタビューの番組の中で、
宮本輝さんが「これが万年筆で書いた最後の原稿です」と、
この「田園発港行き自転車」の原稿の山が映りました。
原稿用紙で1200枚、圧巻でした。

今ちょうど下巻を読んでいますが、
小説の中にも万年筆をめぐる話が描かれていて、
万年筆で書くことをしてみたくなり、親族に短い手紙を書いてみました。
ちょっと硬い字になりました。
まだ2年ほどしか使っていない万年筆はまだ馴染んでいないようです。

fujiyama.jpg放射冷却の寒い日にバレエのレッスンする場所から富士山が見えました。
練馬からもこんなに大きく見えるってことに驚きました。
我が家は1階ですから大地に近い安心感はあるのですが、
ここ最近、山が見える家に住むのもいいかもなあと思ったりしています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/5736

コメントを投稿

About

2017年2月 7日 21:14に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「上白糖とてんさい糖で」です。

次の投稿は「ピーマンの味噌汁」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。