« 夜桜2017 | メイン | 人参ドレッシング »

楽しみ方いろいろ

ueno201704121.jpg上野の国立博物館へ行きました。
上野公園の桜ももう終わりですが、名残の花見を楽しむ人々で賑わっていました。
遠視の私はここに来ると眼鏡を外して、はっきり見えるこの風景を楽しみます(笑)
気持ちの良い春の空。

今日はこの展示を目的に来ました。
ueno2017-4122.jpg歴史上の人物が実際手にとって茶事に使っていた名品が数多く並んでいて、想像しながら見応え十分でした。
国立博物館通の友人が「一つの展示を見るだけじゃもったいないよ。常設の展示やら1日かけて楽しめるから」と教えてくれたので、
今まで目的の展示を見たら帰っていたのですが、今回はこちらも・・、
ueno201704123.jpgと思って入って見たら、なんと面白いことでしょう!
埴輪や土器、銅鐸、もう縄文式土器のありようなんて、本当にアートで素晴らしく、全身でワクワクしてしまいました(笑)
もちろん茶器と比べてはいけないんでしょうけれど、勾玉のシンプルな魅力、弥生式土器の流線型の美しさ、通じるものがあるようにも思います。
この自由な発想をずっとずっと前の祖先がしていたと思うと、日本の考古から考える日本のアート、面白いものですね。
この2つの展示を見ることができてよかったけれど、ちょっと疲れたので、
ueno201704124.jpg期間限定で庭園を開放中と聞いていたので、お庭をゆっくりしました。
日本画のようです。

庭園内には茶室もあって、
ueno201704125.jpg春というのに赤い紅葉、新芽が赤いのですね。
こうあるべきという感覚を覆されるとき、それが本来の面白さで在り、価値のあるものなのでしょう。そんなことを考えながら帰路につきました。
また別の発見をしに、時間をかけてゆっくりと楽しみに上野に行きたいと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/5750

コメントを投稿

About

2017年4月13日 21:54に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「夜桜2017」です。

次の投稿は「人参ドレッシング」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。