« 乾杯! | メイン | 浅草から船に乗って »

2017年 5月に読んだ本

「亀と観覧車」  樋口有介
「愚行録」  貫井徳郎
「聖の青春」  大崎善生
「改訂完全版 異邦の騎士」  島田荘司 
「リバース」  湊かなえ
「夜を乗り越える」  又吉直樹

shodou1.jpg通う時間はないので、通信教育の書道を5月から始めました。

バレエのバーレッスンをしている時、
バレエと書道はどこか似ているなと感じていました。
新しいことを身体に覚えこませるのはとても難しいのですが、
軸を真っ直ぐとる姿勢は、美しい字をイメージすると中心がわかりやすかったりします。
バランス感覚でしょうか。
小学生の頃サボってばかりいたピアノと違って、書道は好きだったんだと思います。
先生の字も大好きで、中学入ってからも続けていました。

いつかいつか・・と思っていた書道、やっと一歩!です。
墨をすって僅かな時間、集中するのもいいものです。
行書、楷書、かな文字、生活の書、臨書も少々学べます。
楽しみです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/5753

コメントを投稿

About

2017年6月 1日 08:52に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「乾杯!」です。

次の投稿は「浅草から船に乗って」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。