« 2017年 9月に読んだ本 | メイン | 5/40 »

風呂敷バリエーション

furosiki-ten2.jpg手持ちのバッグのカバーにすれば、和装にも合うバッグになりますね。
ヨガマットも包んで持ち運びできます。

furosiki-ten3.jpg大きなバッグはリボン結び、とても簡単です。これはノートパソコンを入れるにもぴったりかもしれません。
実家の名前の入った昔の風呂敷と右側は実はシルクのスカーフです。

furosiki-ten1.jpg風呂敷の包みかたは実はとても簡単で、
あっという間に可愛いオシャレなバッグができたり、
ギフトにもなるような包みかたができるなんて驚きでした。

実家から持ってきた風呂敷には会社の名前や人の名前が入っていたり、
中には落成記念なんていうのもありました。
一昔前、贈り物といえば風呂敷という時代があって、
それだけ当時は誰もが喜ぶ重宝なものだったのですね。

丈夫で畳めば小さくなり、柄も素敵な風呂敷、
展示が終わってからも、さりげなく日常に使ってみたいと思っています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/5789

コメントを投稿

About

2017年10月 4日 14:59に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「2017年 9月に読んだ本」です。

次の投稿は「5/40」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。