« 怪我の功名 | メイン | 未来のだるまちゃんへ »

よい思い出になるよう

fuji20171215.jpg先日、NHKの朝の番組で篠田桃紅さんへのインタビューの様子が放送されました。

その中で、よい思い出になるよう工夫する、その積み重ねというお話があり、

一日の過ごし方も工夫と考え方次第と、胸に刻みました。

バレエを習って4年になりました。

職場の同僚に誘われ「絶対に無理!」と何年も断り続け、

まさか自分がバレエをすることになるとは思いませんでした。

習ってみて楽しいと思うと同時に、あまりの難しさについていけず、

何度やめようと思ったことか・・・。

でも「できなくてあたりまえじゃない?」という友人の言葉で楽になり、

ダメでもともと、コツコツと楽しむだけ!

と割り切ってみたらちょっとずつ楽しくなりました。

できなくて恥かいて、それでも楽しい、

多分それは難しいから、簡単にできないからだと思っています。

三歩進んで二歩下がる♬ちょっとずつ、ちょっとずつ。

そして「ダメでも、できなくてもいいんじゃない」と、

私も言える人になりたいと、今は亡き友人に感謝しています。

自分ができる範囲で精一杯、仲間と楽しく、先生に感謝し、

わからないことは積極的に聞く、チャレンジを忘れない。

これからもよい思い出となるようにと思っています。

今回のおさらい会はくるみ割り人形の雪の踊り、

また、ぼやかしていまーす(笑)

osarai20171215.jpg

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/5815

コメントを投稿

About

2017年12月15日 21:59に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「怪我の功名」です。

次の投稿は「未来のだるまちゃんへ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。