« 皇居東御苑と東京ステーションホテル | メイン | ビヤホールという懐かしい場所で »

2018年 6月に読んだ本

「英会話 超ミニフレーズ大特訓」 山崎祐一
「出世花」  高田郁
「日本人のちょっとヘンな英語」  デイビット・セイン
「婚礼、葬礼、その他」  津村記久子
「やっぱり英語をしゃべりたい!」  中尊寺ゆつこ
「一緒に暮らす布」  小澤典代

lesson-e.jpg英語の学び方、初歩からのやり直しをどうすれば良いか?ここ数ヶ月何冊か読んでみましたが、この本が一番ピンときました。
中尊寺さんが30代の時に、若い頃と違って・・と書き始めているので、
50代の私がコツコツと始めるなら、もうどれだけの時間がかかるかわかりませんが、
日々短い時間でも声に出して一歩から始めてみようと思います。

中尊寺さんの最後の執筆になった本、エネルギッシュな生き方が伝わってきました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/5850

コメントを投稿

About

2018年7月12日 18:43に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「皇居東御苑と東京ステーションホテル」です。

次の投稿は「ビヤホールという懐かしい場所で」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。