« ビヤホールという懐かしい場所で | メイン | 久々のニョッキ »

2018年 7月に読んだ本

「ギャラリーへ行く日」  平澤まりこ
「英語がどんどん口から出てくる勉強法」  市橋敬三
「孤独がきみを強くする」  岡本太郎
「あきない世傳金と銀 源流編」  高田郁
「もっと知りたい岡本太郎 生涯と作品」  佐々木秀憲
「あきない世傳金と銀 早瀬編」  高田郁

jyomon2.jpg『縄文の美は八方に挑んでいる。
無限に流れ、くぐり抜け、
超自然の神秘に呼びかける想像を超えた造形。
驚異的な空間性。
激しく混沌に渦巻くダイナミズム。
あらゆる意味で「日本美」とまったく反対だ。』(もっと知りたい 岡本太郎 生涯と作品)より

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/5857

コメントを投稿

About

2018年8月 3日 21:15に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ビヤホールという懐かしい場所で」です。

次の投稿は「久々のニョッキ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。