« お酒屋さんのオススメ | メイン | 柏の長い思い出 »

館林にて

群馬県館林市にある、館林トレジャーガーデンに行きました。

広大な敷地には、4000種100万株の花園を楽しめます。
5月上旬には、1500品種3000株の華やかなバラと宿根草が共演するローズガーデンが広がっています。
古代種の薔薇、香りの薔薇、小さなミニ薔薇・・・。
以前は薔薇といえば、この真紅の薔薇でしたね。
tatebayasi1.jpg

tatebayasi2.jpg

tatebayasi3.jpg
お昼は館林駅近くの「花山うどん」、鬼ひもかわうどんを食べました。
たぬきの器が、館林らしいくて楽しいです。

tatebayasi4.jpg
お昼の後は、群馬県立館林美術館へ行きました。

テーマは「自然と人間」。
広々とした芝生と水辺と空が一体化するような、美しい建物のデザインです。
(うーん、屋根しか写ってないですね(笑))

tatebayasi5.jpg
なんと、熊谷守一さんの「いのちをみつめて」展を開催していました。
tatebayasi6.jpg水面の揺れが建物に映り、ここにもアートが!

tatebayasi7.jpg
どちらも目に見えないところで、たくさんの人の手がかかっている施設ですが、
まさに人間と自然の調和が美しく、ゆったりと穏やかな気持ちになれました。

日常をちょっと離れて、気がつくところもあり、
出かけてみることは、やっぱり大切ですね。

実は研修だったんですけどね(笑)
こうして、非常勤も連れて行ってもらえる環境に感謝です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/5891

コメントを投稿

About

2019年5月23日 11:49に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「お酒屋さんのオススメ」です。

次の投稿は「柏の長い思い出」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。