« 2015年8月 | メイン | 2015年10月 »

2015年9月 アーカイブ

2015年9月20日

ドキュメント72時間

7月に久しぶりに会った古い友達と話していて、
彼女も「ドキュメント72時間」が好きだと聞いて、
地味な番組なのに、そうなんだと驚くと同時に、
根底にそういう好みの共通点があるって、いつまでも気が合うはずだよなあと、
妙に感心してしまいました。
私もこの番組が好きなんですよね。
72jikan.jpgある特定のスポットを3日間取材し、
そこに訪れる人たちの自然な日常の姿と言葉を伝えるという、
ちょっとのんびりとしたドキュメンタリー番組です。
普通の人の普通の姿だけど、描く夢、求める幸せはそれぞれ違うもの。
でもその中に感じるふとした優しさだったり、
弱さだったり、たくましさだったり、
金曜の夜の穏やかな時間、なんでもない日常のドキュメンタリーいいものです。

過去の放送から厳選の4回、この連休中の深夜に再放送が予定されています。

シャンツァイたっぷり

syanthai.jpgこの間のカオマンガイにシャンツァイを使わなかったので、
春雨のサラダにたっぷりと。
心残りは時間差あっても解決しないとね。

2015年9月15日

カオマンガイ

kaomangai1.jpgタイ風鶏の炊き込みご飯「カオマンガイ」を作りました。

近所のスーパーにシャンツァイがなくて、ああ残念!
頭の中はすっかりカオマンガイになっていて、メニューの変更は今更考えられず・・・。
急遽「バジル」登場、晴れても湿度の高い今日の気分にはそれも良かったです。

2015年9月 8日

連日どんより、だけど・・・

台風も近づいて、この連日の雨はどうした事でしょうね。
早くすっきりとした青空が見たいです。

秋というより春らしいリバディの花柄ブラウスを買いました。
こんな軽やかデザインが欲しいなあと思うのも、
どこかで爽やかスッキリ感を求めてるんでしょうね。
agl-ri1.jpg

agl-ri2.jpg千葉でみつけた皮のトートバッグ、色合いが良く合いました。
週末は晴れるといいなあ。お出かけしたくなっちゃいます。

2015年9月 5日

私の機嫌がいいのは・・・?!

ずっと欲しいなと思っていた satou-naoki1.jpg

こちらを
satou-naoki2.jpg

買ったからです!
satou-naoki3.jpg


2015年9月 4日

まなざしの向こうに

練馬区立美術館で開催されている「舟越保武彫刻展ーまなざしの向こうにー」へ、
行ってきました。
練馬区立美術館開館30周年記念の展示です。
Michiko samaもいらしたこの彫刻展は、今度の日曜までということもあり、
いつもは静かな美術館は平日にも関わらず、たくさんのお客さんが足を運んでいました。
funakosi.jpg練馬には昔、アトリエ村と呼ばれる長屋があったそうです。
岩手出身で東京美術大学生だった舟越氏も芸術家を目指す若者とともに、
デッサン作品を描き、ここで彫刻を手がける元になった石材との出会いがあっといわれています。

大理石のなめらかな質感が描く美しい女性、ブロンズ像の迫力、
このまなざしの向こうに何が見えているのだろうと、
どこかを見ているようで、見ていないようで・・・。
その表情の不思議な魅力にとらわれながら、さまざまな作品を間近でじっくり見ることができて、感動しました。
素晴らしい展示でした。

ご一緒した友人と大学4年生のお嬢さん、内定が決まったと、
いろいろなお話をしながら、夕食まで楽しくおしゃべりしました。
とても穏やかで有意義な休日を過ごしました。

2015年9月 2日

ナンプラー焼きそば

今日は久しぶりの青空も見られましたね。
湿度が高くて、ホント暑かったです。
ナンプラー味、シャンツァイとライムで焼きそばを作りました。
nanpura-soba.jpg仕上げに入れたプチトマトも色鮮やか。
残暑お疲れ焼きそば、新しい味を楽しみました。

2015年9月 1日

2015年 8月に読んだ本

「気ぬけごはん」  高山なおみ
「複合汚染」  有吉佐和子
「御不浄バトル」  羽田圭介
「おかげさまで生きる」  矢作直樹
「走ル」  羽田圭介
「掏摸」  中村文則
「つやのよる」  井上荒野
「切羽へ」  井上荒野
「銃」  中村文則
「黒冷水」  羽田圭介
「最果てアーケード」  小川洋子

昭和40年代から50年代、母が手賀沼を綺麗にという活動に参加していた頃があって、
市民活動の研究会への参加や家でも粉石鹸を使ったりしていました。
私が小学生の頃は公害、大気汚染がひどかったのです。
工業地帯の煙や排気ガスの臭い、河川の汚染、思い出しました。

有吉佐和子さんの「複合汚染」は、いつか読もうと思っていた本でした。
この小説の新聞連載があって市民が立ち上がり、今があるとそう思います。
現代は消費者の声が届き、選べる時代になってきましたが、
ほんの少し前の日本はこうだった事を忘れないためにも、
若い世代にも読まれ続けて欲しいと思う本です。

About 2015年9月

2015年9月にブログ「miyaichi」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2015年8月です。

次のアーカイブは2015年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。