« 第16回そばと温泉・やなぎや(秩父武甲温泉) | メイン | 蕎麦人(そばじん) »

2004年6月18日

無庵

【訪問日】 04’6.18
【住 所】 立川市曙町1‐28‐5 (042)524-0512
      無庵 http://www.muan.jp/
 立川駅北口から西方向に歩いて少し奥まった住宅街にその店はある。
 店の雰囲気と店員さんの自然で丁寧な応対は、でてくるそばがどのようなものかを期待させる。
 奥の職人方の仕事振りも丁寧であることが、限定五十食荒挽生粉打ち蕎麦の出来映えで良くわかる。
店内には、ジャズが流れ、蕎麦屋と思えぬ雰囲気もあるがこれもまたよし。
【蕎麦】  甲州八ヶ岳山麓産のそば粉を定温倉庫で保存して、その日供給される分だけ、挽いている。  今日は、限定五十食の荒挽生粉打ち蕎麦(1,050円税込)をいただく。  甘皮の甘さがほんのりと利いていて舌触りも独特の滑りと舌に触る荒挽きの感覚が良くマッチしている。
【薬味】  前回は、辛味大根蕎麦をいただいたが、辛味大根は、自家栽培(相模湖)しているものだそうです。  薬味としては、非常に蕎麦の香りの引き立て役に廻ってくれるので、私は最近ハマッテマス。  先日の出張蕎麦打ちで使用した辛味大根は、無庵さんから分けていただきました。  今日は、辛味大根と七味唐辛子でいただきました。好きな薬味を選べます。(ねぎ,わさび等)
【そばつゆ】  癖のない辛汁そば湯との相性がよい。
この前はご主人と今回は打ち手の職人さんと少しお話しました。 食べに来てくれる人の事を考える姿勢がとても感じ良くもっともっとおいしいそばを提供してほしいなと思います。新蕎麦の時期に限定五十食をまたいただきたいな。
投稿者 kanai : 2004年6月18日 23:48

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/613

コメント


先日の出張蕎麦打ちはお疲れ様でした。
その時の辛味大根は辛くおいしかった。
その大根と荒挽生粉打ち蕎麦は近日中
に食べてみたいですね!!!!!

投稿者 Maejima : 2004年6月19日 12:17

コメントしてください




保存しますか?