« 第17回そばと温泉・小松屋(四万温泉) | メイン | 木挽庵(こびきあん)大宮 »

2004年7月17日

甲子

【訪問日】 04’7.17
【住 所】 練馬区栄町6 (03)3991-0338
 西武池袋線江古田駅南口から徒歩3分。蔵作りの建物に大きな暖簾がかかっているので、営業中かそうでないかは人目でわかります。
 我が家の近くなので、私の癒しの場所ともなっています。  そば味噌か板わさでチョット一杯。
 お酒は東京の銘酒「澤の井」がでてきます。
 さっぱりと常温でこれもお気に入り。

どうですかこのレトロな雰囲気。はだか電球の光が柔らかく天上には、長い梁。
スローな時間を演出してくれます。ゆっくり読書でもしながらがいいです。

【蕎麦】

 霧下そば製粉製。産地は不明。

 実は私も霧下のそば粉を使っていますが、丸ぬきをきれいに製粉してあるし、保存状態もよいので、打ちやすいそば粉ですし、香りもあります。

 非常に薄く延してあり、のど越しのよいそばです。1人前はせいろ2枚のもりそば600円です。

【そば汁】

 癖のないから汁。返しの濃さは醤油の種類か。非常に濃く感じる。

【薬味】

 ねぎ、わさび、七味唐辛子。

【湯桶】

 ごくごく普通の物。そば湯は汁とからめてグーです。

【天ぷら】

 揚げたてを熱々でおいしくいただけます。

投稿者 kanai : 2004年7月17日 15:21

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/698

コメント

キノエネはそば連の杉浦日向子さんが学生時
代に通っていた店のようです。確かに店内は
落ち着けそうなお店ですね。こんな店でソバの
本を読むことが出来たらわくわくするでしょうね。

投稿者 maejima : 2004年7月18日 21:53

コメントしてください




保存しますか?