« 吟八亭やざ和・葛飾区亀有 | メイン | 176 »

2005年4月29日

禅味手打そば 山禅

【住所】東京都練馬区桜台6-27-6
【TEL】 03-3994-1698
【営業時間】11時~15時 17時~20時半(ラストオーダーは閉店時間の30分前)火曜日定休
 前から気になっていた近所の蕎麦屋です。住宅街の落ち着いたお店のつくり。法師人と同じように座卓のみのお店です。  店内から見える庭木や花木が四季折々折の色を醸し出して、目を癒してくれる。  新緑のこの時期、つつじや牡丹の色も鮮やかで、散歩がてらにちょいと寄るのが気持ちいい。  玄関の引き戸を引いた目の前に打ち場が見え、ご主人が深山そばを切っているところ。  時間が早かったせいか。今日一番乗り。なかなか期待できるかも・・・
 三色そば、(青梅、よもぎ、せいろ)だそうですが、あえて、よもぎは頼まず、芥子を頼んだ。  季節によっては、柚子、胡麻、抹茶、卵、きゅーりなどもあるようだ。  まずせいろをいただく、香り、食感、喉越しは良いほう、ただせっかく角のあるそばなのに水切りが悪く、〆が足りないと感じた。  汁は、濃く甘い汁、出汁に醤油がまったりとなじんだどんなそばにも合う汁である。  次に青梅、ほんのりとした梅の香り。梅そのものはそんなに香りの強いものではないから、個人的な意見としては、今ひとつ。  最後は芥子きり。炒った芥子の香ばしい。  北海道産、信州産の蕎麦粉を使用とのこと。

 初めて知ったが、「禅味会」という会があり、全国32店舗ほどが加盟しているらしい。
(一茶庵系のお店が多い。)
 青森(1)、群馬(1)、栃木(1)、茨城(1)、埼玉(18)、東京(3)、千葉(5)、静岡(1)、愛知(1)
 禅味の意味は、と尋ねたところ、「寺が振舞う精進料理の食事を出す。どんな豊かな時代であっても心で打ち、心で味わうそばでありたい。」とのこと。

 取材に関しては、非常に神経を尖らせていらっしゃるようで、なかなか突っ込んだ質問ができませんでした。今度、「暇な時間を選んできますよ。」と話すと「2時過ぎ頃からがすくから、その頃また来て」と答えてくれた。

投稿者 kanai : 2005年4月29日 15:41

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/1325

» 石神井「手打そば菊谷」 プレオープン特集 その3 from 蕎麦滑降
お店に入るとカウンター席、テーブル席ともにほぼ満席!スタッフ、そしてお客様みなさんの笑顔が私の目に飛び込んできました。厨房の中も大変活気に溢れています。私が訪れたのは夜... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年4月30日 11:56

コメント

コメントしてください




保存しますか?