« 遊喜(ゆうき)・港区新橋 | メイン | 出流山(いずるさん)・松屋・栃木県 »

2005年10月 2日

萬月

【住所】練馬区練馬4-18-13
【TEL】(03)3993-9392
【営業時間】平日:11:30~15:00 17:30~21:00
        土日祝:11:30~21:00 
  定休:火曜日 第2・3水曜日

激戦区練馬にまた新しいお店がOPENした。
西武豊島園駅・大江戸線豊島園駅から豊島園に行く途中、温泉庭の湯の真正面に「萬月」はある。
外見からも最近のニューウェブ系おしゃれな雰囲気の蕎麦屋である。
暖簾をくぐるとカウンター4席、テーブル3卓ほどのこじんまりしたお店である。
時計を見ると午後3時半他に客はいない。店員2名とご主人が久しぶりに来た客であるかのようにいらっしゃいませと出迎えてくれた。

今日は蕎麦喰い地蔵講の日、法要の緊張感と後片付けの疲れから無性におなかがすいた。
この前Sさんから庭の湯前に新しい手打ち蕎麦屋ができたというのが頭にあり、離れなかった。

















激戦区によくチャレンジャー精神とも言うべきか。
若いご主人が、忙しそうに立ち回っているが、そんな中でもよく質問に答えてくれた。
ビールを頼み、寄せ豆腐を注文した。
寄せ豆腐・・・・大豆のコクのある香りと甘みが口に広がり、酒がすすむ。
〆張鶴1杯500円は破格の値段だなー。
480円にしようかと思ったんですが・・・とご主人。せいろも650円にしてはもりがいい。
開店してから仕込が間に合わず、寝る暇も無いと嘆いているご主人である。
北海道・滝川産の新蕎麦を玄蕎麦で仕入れ、石臼自家製粉、2階に製粉機があるそうで、「ご覧になりますか?」と聞かれたので「是非」と答えた瞬間に別のお客が入ってきた。(次回のお楽しみ)

 せいろであるが、非常に滑らかな舌触りと新そばの香りもまずまず、のど越しがいいのが印象的。わざとなのか切りべらが揃ってないのが気になった。もう少し水切りをしっかりしてもよいかなとも感じる。
 汁は、かつお出汁の香りが少し強めではあるが、辛めの醤油との相性がよい。
 料理、返し、出し、薬味などそれぞれ素材の良い物を使っていて良心的だし、ご主人の腕もよいと思う。
 
 開店直後とあって、色々試行錯誤の毎日であろうがご主人にはがんばってほしいと思う。
PS.店員さんもうちょっと蕎麦のこと勉強してね。

投稿者 kanai : 2005年10月 2日 11:03