« 江戸蕎麦手打処あさだ・台東区浅草橋 | メイン | 手打蕎麦渡邉(わたなべ)・新宿区 »

2006年6月 5日

雨幸(うこう)・練馬区


【店 名】 雨幸 【住 所】 練馬区向山3-26-2 【電 話】 03-3999-5059 【営業時間】火・水 休 ソバリエ仲間で恒例になっている「蕎麦屋さんの?周年を祝う会」を豊島園の雨幸で行い、多数のソバリエが参加して3周年のお祝いをさせて頂いた。実は前回訪問時2/4に蕎麦食い地蔵の会がありその時にお地蔵さん世話人会の打ち上げでお邪魔した時に、今回の予約をさせて頂き本日実現の運びとなった。 ソバリエ有志一同で写真の花を贈らせて頂いた。
本日の蕎麦粉は茨城県の美野里産である。品種は常陸秋蕎麦である。店内に使用する蕎麦粉が掲示される。十割にしては、硬くしまった感じ。蕎麦粉は独特の香りがある。せいろ550円はリーズナブルな割にボリュームもあり大満足。本日は、そば料理2,000円コースをお願いした。 雨幸の報告は前回訪問記録参照ください そば前は新潟県長岡市の想天坊をいただいた。写真のようなひのきの特殊な容器にいれて出され洒落ている。 以下ホームページより抜粋。酒の銘である「想天坊(そうてんぼう)」の由来は、当蔵の地元「長岡みしま」の昔話に出てくる伝説の山の名前です。 「天(天候や自然現象)を想う坊(人 、町)」という意味にも採ることが出来るので地元産米と水で醸した酒には最高の名前と思い採用しました。また、「想天坊(そうてんぼう)」という名前に「蔵人の想いと、天の恵みで醸した酒」というメッセージを込めています。 雨幸はサンデー毎日に最近掲載されたが、実はソバリエのプロデューサーのH氏の紹介で掲載されたものである。その他10軒ほど紹介されている。
投稿者 maejima : 2006年6月 5日 10:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/2288

コメント

コメントしてください




保存しますか?