« 和邑 | メイン | 第41回蕎麦と温泉・玄と姥湯温泉 »

2007年9月24日

赤坂・蕎介(きょうすけ)


【店 名】 赤坂・蕎介 【住 所】 〒107-0052 東京都港区赤坂3-10-7 【電 話】 TEL 03-3505-5338 ■アクセス 地下鉄丸ノ内線赤坂見附駅 徒歩2分  地下鉄銀座線赤坂見附駅 徒歩2分  地下鉄千代田線赤坂駅 徒歩6分  ■営業時間 月~土 11:30~14:30  17:00~22:30(L.O.22:00)  ■定休日 日・祝  赤坂には蕎麦居酒屋が10数軒ある。そのうちの一軒「蕎介」へソバリエH氏とお邪魔した。赤坂にひっそり佇む一軒家。仕舞屋風の作りで落ち着く空間である。ご主人「千田了・さとる」さんは脱サラ組みである。元はリース業のサラリーマンから外食産業、ニューヨークと修行され二年前にこの地に開業された。
そばは二八と生粉打ち(十割)の二種類で、両方とも太めである。二八はこしがあり、噛むともちもち感ある。生粉打ちは「挽きぐるみ」の為わずかに色が濃い。 三部屋の個室がある。一階は掘りごたつ(4名様)と二階に和室2部屋(6名・12名)が用意されている。 そば前は久々に「九平次」純米吟醸900円を頂く、すっきりしているがまったり感が懐かしかった。「正雪」大吟醸1600円はすっきりとして旨い。酒肴は出汁巻き840円、焼き味噌500円、本ししゃも900円を頂いた。
投稿者 maejima : 2007年9月24日 05:35

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/2910

コメント

コメントしてください




保存しますか?