« 手打ち蕎麦 むら岡 | メイン | 月与の童屋(つきよのわらべや) »

2008年7月31日

三吉橋 小嶋屋

【店 名】 三吉橋 小嶋屋
【住 所】 横浜市南区中村町3-188-9
【電 話】 045-261-0391
【営 業】 昼 11:30~15:30 夜17:00~20:00
【休 み】 月曜日
【アクセス】 横浜市営地下鉄(ブルーライン)坂東橋駅下車徒歩15分
 横浜市営バス桜木町より158系統滝頭行き 三吉橋下車すぐ
        店の隣にコインPあり

横浜は“みなとみらい”地区を筆頭に街の変化が激しいが、昭和の古き良き雰囲気を残す街がいまだに多く残っている。そうした街の一つに横浜橋商店街や三吉橋商店街周辺地区がある。戦後の闇市の伝統を残すこれらの商店街には下町というか庶民的な活気で毎日賑わっている。
首都高・横浜狩場線が無粋に水面を覆いつくしている中村川に架かる三吉橋の袂には、10年ほど前に近代的な建物に改築されたとはいうものの横浜の大衆芸能を支えている『三吉演芸場』があり、街のシンボルとなっている。演芸場から中村川を挟んで反対側にあるのが『三吉橋 小嶋屋』だ。
『三吉橋 小嶋屋』‥‥横浜の、いや神奈川の蕎麦屋が語られる時には、まず名前があがる有名店である。とはいっても庶民的な場所柄のせいもあってか敷居が高いような雰囲気は一切なく、気軽に暖簾をくぐれる親しみやすい店である。

店内は4人掛けのテーブルが4卓と、8人掛けのカウンター風大テーブルもあり、一人で訪れても安心である。
奥の方にはガラス張りで製粉機も備えた打ち場があり、客席からも良く見えるようになっている。
開店時間になると家族連れからカップル、また1人で酒と蕎麦を楽しみに来る客など様々な客層であっという間に満席となるが、不思議と回転良く、入れ替わり立ち代りに新しい客が訪れる。
小嶋屋自体は古くからある店であるが、今の主人になってから高橋邦弘氏の山梨県長坂の『翁』に通って修行をされて現在のスタイルになったという。北海道・弟子屈と茨城・金砂郷産の蕎麦粉を使い、せいろ、田舎、さらしな、変わりそばの4種類が打たれている。
特にせいろを注文するといわゆる一茶庵系(翁系)というのが良くわかる美しい蕎麦でる。汁はさらっとした仕上がりでもしっかりしたものでクセがなく、蕎麦との相性も良い。変わりそばは夏場のこの時季は紫蘇切りが中心となっているが、綺麗なで清涼感ある仕上がりである。
酒のつまみも充実しており、焼き味噌や厚焼き玉子などの定番品に加え、和風トマトサラダやらっきょう梅和えなどの創作メニューにも力を入れている。
みなとみらいや、元町、中華街などに行かれたら、少し足を延ばして横浜の昔懐かしい雰囲気の街並みと美味しい蕎麦を味わいに是非寄り道をして頂きたい。

~お品書き~

<冷たい蕎麦>
 もり 800円   田舎 800円  さらしな 800円  変わりそば  850円  
 辛味大根おろしそば  1200円   とろろそば 1200円  三色もり  1300円  
 鴨せいろ 1400円  天もり 1700円

<温かい蕎麦> 
 かけ 800円  鴨南 1600円  鴨南そば 1600円  天ぷらそば 1700円

<つまみ>
 焼き味噌 100円   厚焼き玉子 800円   そばがき 900円   鴨のあい焼き 1000円
 山芋の磯部揚げ 600円  揚げ茄子 600円  らっきょう梅和え 600円
 和風トマトサラダ 800円  冷やしとろろ豆腐 800円  穴子の天ぷら 1000円 など

<お酒>
 丹沢山  えにし   飛露喜   〆張鶴   錦屋  磯自慢  五凛  松の司  満寿泉
 生ビール  蕎麦焼酎  芋焼酎  ワイン など
  

投稿者 ishigaki : 2008年7月31日 19:02

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/3437

コメント

投稿お疲れ様です
ところで明日は十日町の小嶋屋へ行きます

温泉仲間で蕎麦と温泉+長岡花火です
十日町小嶋家本店の小林社長さんにいろいろと
アドバイスを頂いて訪問してきます

報告は後ほど

投稿者 Sobalier Maejima : 2008年8月 1日 20:14

コメントしてください




保存しますか?