« 玄菱(神楽坂) | メイン | 新潟小嶋屋さん訪問 一日目 »

2010年5月16日

手打蕎麦 たかせ(神保町)

CIMG3958.JPG

【店 名】 手打蕎麦 たかせ 【住 所】 東京都千代田区神田神保町2-21-10高野ビル1F 【電 話】 03-3288-1370 ○最寄駅 地下鉄神保町駅 徒歩3分、都営地下鉄神保町駅A6出口から白山通りを大手町方向へ。二つ目の路地を右折し、100mほど行った右側。駅から約150m、徒歩2分。 ○開店時間 11:30~15:00、17:30~23:00(ラストオーダー22:30) ○定休日 日曜祝日 ■神田近辺で神楽の舞が飲めるお店訪問は神保町の「たかせ」へお邪魔した。このお店は「夜咄 乃むら」の跡地にできた店である。この「たかせ」は2005年7月にオープンし既に4年が経過している。ご主人は浅草の蕎上人で修行をされておりお弟子さんの中では蕎麦打ちは早さと綺麗さは秀逸であったようだ。今回はサントリーのグルメガイドに紹介されていたクーポン券を使わせて頂いた。店主曰くクーポン券使用のナンバーワンであったようだ。 http://gourmet.suntory.co.jp/cshop/0X00140210/coupon_map.html
CIMG3918.JPG CIMG3926.JPG CIMG3924.JPG CIMG3936.JPG そば粉は新そばで北海道の深川産を使用している。修業先の蕎上人は一茶庵系であり、たかせでも二八そばが主流である。注文があれば生粉打ちも用意されるようである。3色そば頂いた。田舎、せいろ、レモン切りである。田舎とせいろは修行先の蕎麦とよく似ていて腰がある。変わり蕎麦は透明感のあるそばで香りが素晴らしかった。神楽の舞は数多く鎮座する日本酒、焼酎、梅酒の中でも中心に置かれ存在をアピールしていた。


今回訪問したのは下記のそば屋特集に「たかせ」の記事を掲載するためであった。
下記のURL「東京のそば屋特集」参照ください
http://gourmet.suntory.co.jp/syutoken/tokyo/soba/index.html

最後に恒例となった神楽の舞そば焼酎をつくる工程を撮影したので下記をご覧ください。
ダウンロードに多少時間が掛かります。
http://picasaweb.google.co.jp/sobalier/vRoZqG?authkey=Gv1sRgCMu3u4j0-ur83QE&feat=directlink

■ミニ情報  「ピカサ= PicasaIニについて」
ピカサとはグーグール社が提供している無料のソフトで写真及びビデオまでも登録できてしかも、無料で全世界に公開が可能である。























投稿者 maejima : 2010年5月16日 20:07