« 京都 じん六 | メイン | 凛桜in逗子 »

2011年2月12日

恵土in葉山

ssR0013313.jpg

【店名】 蕎麦恵土 (そばえど) 【TEL】 046-876-3625 【住所】 神奈川県三浦郡葉山町堀内870-7  地図はここから【交通手段】R逗子駅からバス10分 海岸通り経由)回り)『元町』バス停下車、徒歩5分。新逗子駅から2,121m 【営業時間】 12:00~L.O.14:30 18:00~19:30(L.O)ランチ営業、日曜営業 【定休日】 木曜・第1第3金曜 葉山の恵土から逗子の凛桜まで江戸ソバリエ有志で訪問した。恵土は以前より未訪問リストに入っておりやっと今回念願が叶った。2007/6月のdancyuに掲載された記事を参考にして訪問記録を作成した。恵土の店名の由来はご主人恵土靖さんの本名を取ったと奥様智子さんより優しく説明をしていただいた。修行先は立川の無庵で3年ほど学び奥様の実家の近くのこの地に2006年に開業された。この地は恵まれた土であるようにと願いが込められたのかもしれない。
R0013322.JPG R0013344.JPG CIMG2764.JPG R0013340.JPG
R0013345.JPG R0013360.JPG R0013370.JPG R0013379.JPG

逗子での雪は想像もしていなかったが、雪の中を駅からバスに乗り海岸通経由で10分ほどで「元町」下車。その後雪にまみれて恵土の看板探しが続いた。そうだ「お地蔵さん」が目印と思い出し探していると約5分程で到着である。雪見酒を期待しつつ一行6人は店内に入る。畳にテーブル席がありほぼ全席(18席)予約で満席との事。縁側の二人席はまだお客が到着していなかったのでちょっとお借りして、この席より庭の梅に降り続く雪を見ながら念願の雪見酒を満喫して体もやっと暖まった。
土、日曜日の予約はコース限定なので3000円コースをお願いした。点心・やきみそ・だし巻き玉子・そばがき・天ぷら・せいろと充実した内容である。蕎麦粉は福井・茨城から有機栽培の玄蕎麦を仕入れ手挽きと電動式石臼をされている。本日は福井産。手挽蒸篭は繋ぎを0.5割入れている。蒸篭は機械挽きで1割の繋ぎを入れている。御影石の石臼に2回通し甘皮ごと挽いた細かい蕎麦粉に仕上がっている。そば汁はカビ付けした本枯節で口当たりがまろやかである。そば前は燗酒の後 宝剣、黒龍と正雪の冷酒を頂く。蕎麦味噌は立川無庵流で丸抜き蕎麦では無く胡桃を使用。点心は卯の花、佐島の漁港で仕入れた魚で蕎麦寿司にした逸品。他に辛子蓮根等々。牡蠣の天麩羅は珍しい。独活、ブロッコリー、蕗の薹の天麩羅は地元産である。

投稿者 maejima : 2011年2月12日 17:57