2007年4月26日

蕎麦春秋

日本で唯一の蕎麦季刊誌の創刊。 東京そばの会を主宰する編集長が「日本蕎麦党」を宣言した。
だからと言って、選挙に出るわけでもなく蕎麦愛好家のための強い志を反映する雑誌を目標に 「文芸春秋」に負けない内容にしたい。
とのこと。
創刊号の巻頭「匠の流儀」には、自称サポート会長の店、「蕎麦打ちの極意」では1年お世話になった師匠、そして大ファンの哲学者の蕎麦紀行と盛りだくさんの内容です。
読みやすく、わかりやすい、蕎麦好きにはたまらない内容である。
キヨスクなどでも販売されているようだが、1冊500円定期購読をお勧めする。
リベラルタイム社
投稿者 kanai : 23:07