2008年3月30日

小菅

【店 名】 手打ち蕎麦小菅
【住 所】 目黒区目黒1-5-16 目黒アイワビルB1F
【電 話】 (03)3491-2132
【営業時間】 平日11:30~15:00 17:30~22:00
        日祝(12:00~16:00)
        月曜日定休

目黒川そば街道めぐりの旅の最後にふさわしい「小菅」満開の桜のもと17:30の開店を待ちわびて入店。

 笑顔がチャーミングなおかみさんの第一声「お花見してきましたか~!」におのずと気持ちよく春うらら
に和んでしまう。



 店内に入ると正面の壁には、大きな鳥獣戯画:そば打ちをする兎、釜前をする蛙、そばを手繰る猿などが描かれている。滑稽な絵図に心も和む。  まずは、蕎麦前、「豊の秋」「四季桜」「菊姫」「黒牛」をぬる燗もしくは冷で提供してくれる。  菊姫のぬる燗をまずは注文、米の香ばしく独特の癖は、「小菅」の料理に非常によく合う。  兎の形をした徳利も面白い。  そういえば、小菅は、料理がうまいと評判のお店だ。
   ○アオリイカの天ぷら(つき出し)
 やわらかくイカと思えない食感だ!

○おこげのあんかけ

 揚げ蕎麦とおこげにイカ、タコなどの餡をかけ、皿うどん風

○だし巻き

 ふわふわとした食感がたまらない

○生麩の田楽

 さっぱりとした田楽ともっちりした生麩がよく合う。

○和風カニシューマイ

 卯の花などの具を使ったカニシューマイ

 料理はどれもさっぱりした味付けで、ヘルシーなイメージ。
 さてさて、蕎麦を註文、もり汁は、辛めだが熟成されていて、後味がさっぱりしている。
 返しは、砂糖を一切使わず湯煎を長時間することで、このさっぱり感が出るらしい。
 だしは鰹のほか、椎茸、昆布を使用。この辛めの汁は、癖がなくそばを引き立てる。

○せいろそば
 前ふれでは細打ちと聞いていたが、そうでもなく。北海道幌加内産のそば粉。  のど越しよく、かむと甘味がでる。   ○かけそば
 かけつゆのバランスがよく、この蕎麦との相性が非常に良い。

○錦そば

 師匠である吉田の看板メニューをここでもいただける。ごぼう、人参、天かす、そばの芽、海苔などを載せたぶっかけである。
 一度食べたら病みつきだ。

 ご主人は、16才でバイクの免許を取って、さまざまな蕎麦屋を食べ歩いたらしい。
 だからこそあえて、自家製粉などはせず、餅は餅屋の精神で、良い料理を出すことに専念されている。

投稿者 kanai : 16:08

2008年3月19日

天満橋 土山人 (てんまばし どさんじん)

【店 名】 天満橋 土山人 (てんまばし どさんじん)
【住 所】 大阪市中央区天満橋京町 1-1 京阪シティモール8F
【電 話】 06-6947-0405
【営 業】 昼11:00~14:30 夜17:00~22:00LO
【休 み】 不定休

 再び大阪出張の合間を使って今度は『天満橋 土山人』にお邪魔した。天満橋は水の都・大阪を代表するような雰囲気の街で、大川(旧淀川)には2層の天満橋が掛かり、水上バスの発着場もある。また桜の時季、通り抜けで有名な大阪造幣局や大阪城などにも近い。
天満橋駅は大阪・淀屋橋と京都・三条を結ぶ京阪電車と地下鉄・谷町線のターミナル駅になっており、駅上のショッピングビルが京阪シティモールで、その8階のレストラン街に『天満橋 土山人』がある。
駅ビルの中のレストラン街にあるお店ということで、天満橋からも近い北浜のお店とは客層も含めて少し趣きは異なるようだ。



 京阪シティモールの8階に上がると駅ビルとは思えない落ち着いたレストラン街が広がる。窓から外を眺めると目の前には大川が流れ水上バスの行き来や大阪の街並みを見下ろすことができる。
 店の入口横の土壁には『土山人』の文字がくり抜かれており、土山人のシンボルのシーサーのような置物が2体この店でも置かれている。店内にはジャスが流れ左右に大きなテーブル席が4卓ほど設置されていている。ショッピングビルのせいかサラリーマンの姿は少なく、女性客や老夫婦がゆったりと蕎麦を楽しんでいる。
 細挽きの「とろろ」と、荒挽きのせいろを注文するが、残念ながら荒挽きせいろは売り切れであった。店内からは職人が背中を向けて蕎麦を打つ姿が見えるのだが、私の注文には間に合わないようだ。細挽きのとろろは、陶器の皿に盛られた蕎麦のうえに腰の強い「とろろ」が乗せられ香りの良い青海苔が振りかけられている。薬味は細切りの青葱と、山葵である。汁は色が濃いわけではないが、香りも良くしっかりした味である。蕎麦も細く綺麗に切られ腕の良い職人だということが窺われる。
 今回は品切れで「とろろ」しか食べれなかったが、他のお客は天ぷらと野菜料理と蕎麦のセットを食べている人達が多かった。また蕎麦前を楽しむ老夫婦の姿も印象的で、仕事の途中に立ち寄り酒が飲めない身には辛かった。駅に直結の便利な店なのでまた是非来店し他の蕎麦も味わいたい。
 

~お品書き~
細挽きせいろ 840円  荒挽き田舎 840円  とろろそば 1150円  辛味大根おろしそば 1150円
すだちそば 1050円   鴨南蛮 1680円   かき揚げそば 1470円   天ぷらそば 1890円

小天そばセット(天ぷら・季節の野菜料理・蕎麦のセット)
かき揚げ天そばセット 1200円  野菜天そばセット 1400円  海老天そばセット 1800円


投稿者 ishigaki : 22:11